記事検索 






目   次

福岡史伝…福岡の歴史をできる限り簡単にご紹介!

名所旧跡…メジャー観光地と観光バスは行かない隠れた旧跡

福岡人物伝…歴史は人が造る!福岡の歴史に登場した人々

意外な話…それってホント?意外すぎる話。

よくわかっていない事…歴史って考えれば考えるほど面白い!!

一夜漬け福岡史…時間がない忙しい人用のページ

福岡歴史年表…福岡2000年の歴史概要

名所旧跡フォトライブラリ…乱雑ですが写真集です

リンク…博物館、資料館、図書館へのリンクです。

余談…ひとり言的な話です

更新履歴…アップした日付

訂正履歴…間違い直しの履歴です

はじめに…お願いと参考書

 
新着情報

2022.1.8

【記想録】則ち誠聞こえず

2022.1.1

【記想録】かならず利害に雑う

2021.12.26

【記想録】禍は口より出で

2021.12.25

【記想録】寧耐は事を成す

2021.11.6

【記想録】姦悪をなす者その才人に過ぐ

2021.10.17

【記想録】口に才ある者は・・・

2021.10.4

【記想録】衆これを悪むも必ず察す

2021.9.11

【記想録】志無きの人は鈍刀の如し

2021.8.28

【記想録】則ち怨み遠ざかる

2021.8.22

【記想録】三十六策、是れ走を上計とす

名言・格言「黒板にちゅ~も~く!」
畏(おそ)るるは慎しみにおもむく初(はじめ)なり。畏るればつつしみ生ず。畏れざればつつしみなし。
養生訓





意外な人物伝
 【野上一閑と三奈木弥平次】(1581年)-原鶴の一騎打ち-

原鶴温泉
大友氏が島津氏に大敗を喫した耳川の戦いから3年、筑後平野では秋月氏や龍造寺氏が弱体化する大友配下の諸城に攻めかかります。これに大友宗麟は救援の軍を送りますが、この兵の中に野上入道一閑という豪傑がおりました。貝原益軒は「筑前国続風土記」巻之二十五 古城古戦場二 原鶴 の項で一閑入道の事を次の通り描写しています。
「刃渡り3尺5寸白柄の長刀を莖短に持ち、秋月の兵をなぎ倒す事、草を刈るが如し」秋月の兵はこれに対抗しきれず300メートルほど兵を引きます。
しばらくして、秋月の陣より一騎の武者が飛び出し大友の陣に駆け寄り
「秋月の士、三奈木弥平次と申す。野上殿に会いに参った!」
と大声で呼びかけます。
そこに例の長刀を手にした野上一閑が現れ
「お相手申そう!!」
ふたりは馬上、原鶴の戦場を駆け巡り打ち合いますが、なかなか勝負がつかず最後は馬上の掴み合いとなり土ぼこりをあげて共に落馬します。そこに秋月種実の命で加勢に駆けつけた家臣が踊りかかり、さすがの豪傑・野上一閑も討ち取られてしまいます。
その直後に三奈木弥平次も加勢の家臣も大友の兵に囲まれ討たれる事となります。
この二人の誇り高き戦いを想像するに「北斗の拳」のラオウとケンシロウの戦いを思い浮かべずににはいられません。

この戦いの舞台となった原鶴は現在、福岡随一の温泉街となり観光客が憩いのひと時を過ごす場となっています。
「兵どもが夢の跡」そんな感じなのでしょうか・・・。









福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【吉備真備(きびまきび)】
(695年~775年)


奈良時代に安倍仲麻呂や玄昉と共に唐に派遣された留学生です。時の権力者の橘諸兄(たちばなもろえ)の元で改革を進めたものと思われますが、しかし何があったのか突然、筑前守として左遷されます。大宰府では副遣唐使や大宰少弐、大弐を歴任し、また筑紫の軍備や防衛を任される任務についていたようです。学識も高かったようで、大宰府まで派遣された官人に諸葛亮や孫子の戦術を講義しています。
都への復帰の時期は不.....[全文を表示]




このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝