記事検索 

検索の結果 対象の記事が見つかりませんでした










目   次

福岡史伝…福岡の歴史をできる限り簡単にご紹介!

名所旧跡…メジャー観光地と観光バスは行かない隠れた旧跡

福岡人物伝…歴史は人が造る!福岡の歴史に登場した人々

意外な話…それってホント?意外すぎる話。

よくわかっていない事…歴史って考えれば考えるほど面白い!!

一夜漬け福岡史…時間がない忙しい人用のページ

福岡歴史年表…福岡2000年の歴史概要

名所旧跡フォトライブラリ…乱雑ですが写真集です

リンク…博物館、資料館、図書館へのリンクです。

余談…ひとり言的な話です

更新履歴…アップした日付

訂正履歴…間違い直しの履歴です

はじめに…お願いと参考書

 
新着情報

2022.12.25

【記想録】是れを過ちと謂う

2022.12.4

【記想録】冷眼にて人を観る

2022.11.5

【記想録】人を責むる者は・・・

2022.10.15

【記想録】馬耳東風って李白の言葉!?

2022.9.18

【記想録】小敵の堅は大敵の擒なり

2022.9.13

【記想録】怒りを以って師を興すべからず

2022.8.27

【記想録】佐々木小次郎の経歴

2022.8.1

【記想録】完戸何某との決闘

2022.7.24

【記想録】夢想権之助の挑戦

2022.7.3

【記想録】行蔵は我に存す

名言・格言「黒板にちゅ~も~く!」
事の起らない前から、ああしよう、こうしようのと、心配するほど馬鹿げた話はない
氷川清話





名所旧跡・大野城・宇美
 【水城】-大野城、太宰府-



水城跡

【特別史跡 「水城跡」】
「水城は、天智天皇三年(六六四年)に、大宰府防衛のために築造された土塁である。
前年の天智天皇二年(六六三年)、我が国は、唐、新羅連合軍と白村江において百済と共に戦って大敗し、 戦いに敗れた我が国は、朝鮮半島からの侵攻に備え、当時、博多の那の津にあった大宰の府を、軍事的に有利な 現在の大宰府跡(通称都府楼跡)に移し、その防衛のために北面の四王寺山に大野城を、南面の基山に基肄城を 築き、これらを結ぶ平野部に水城を築造したものである。
現在水城は、大土塁の他に、大野城市大字上大利に上大利土塁、春日市大字下白水に大土井土塁、同上白水に 天神山土塁が遺存している。
水城の築造方法は、昭和四七年の発掘調査の結果、砂質土と年度を何十層にも交互に突き固めて積み上げたもので あることが明らかになった。また昭和五〇年の調査では、土塁の前面である福岡市側に幅六〇メートル、深さ四メートル に及ぶ濠があり、土塁の中には濠に水を導き入れるための木桶(木製の導水路)が長さ八〇メートル、幅一.五メートル、 高さ〇.七メートルの規模で通っていることが確認された。
昭和四七年の春日市の大土井土塁の調査によっても、前面に濠状のものが確認されており、水城とは前面に水を貯えて、 大宰府に攻め込む敵を防いだものであろうと想定される。このことは、『日本書記』天智天皇三年の条にある。 『又筑紫に大堤を築きて水を貯えしむ。名付けて水城と曰う。』という水城築造の記事と一致するものである。」
               昭和五一年三月三一日
                                    

福岡県教育委員会
                                    
「水城跡」の案内板より


写真は岩屋城跡からの眺望で、中央よりやや左側に斜めに走る森が水城跡です。右手が福岡市街地や博多湾で、左手が筑紫平野北部になります。水城跡に関しては意外な話の「福岡にも長城があった!」にも説明を書いています。



GoogleMap より埋め込み









福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【小野好古(おのよしふる)】
(884年~968年)


伊予の本拠地を奪われた藤原純友が大宰府を襲うと朝廷から平定を命じられた小野好古は九州に入り博多湾で純友軍と戦い撃破します。 櫛田神社に祀られる三神の内、素盞嗚大神(スサノウノミコト)はこの「藤原純友の乱」の平定後、小野好古が祀ったものだと 博多祇園山笠公式サイトに記載されています。また太宰府の春の一大行事「曲水の宴」は大宰大弐だった好古が執り行ったのが始まりといわれています。 ちなみに救済施設「続.....[全文を表示]



このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝