記事検索 

検索の結果 2件の記事が見つかりました


平清盛「袖の湊」を築く(1158年~1170年代)【福岡史伝・平安】
正確な年代は不明ですが平安時代の末期、博多に「袖の湊」が築かれます。この港は平清盛が築いたのではないかといわれていますが、 その説が正しいとすれば、1158年、清盛が大宰大弐に任命された以降と思われます。 この任命に前後して起こった「保元の乱」と「平治の乱」で対抗する有力者を倒し権力.....

平頼盛(1133年~1186年)【福岡人物伝】
平清盛の異母弟で平治の乱に活躍します。平清盛の指示により博多に人口港「袖の浦」が建造されたといわれていますが、 実際この港の建造を采配したのは1166年大宰大弐任命された平頼盛だと思われます。 ただし貝原益軒の「筑前国続風土記」には菅原道真配流の時期には「袖の浦」が存在したことをにおわす記述があり.....









目   次

福岡史伝…福岡の歴史をできる限り簡単にご紹介!

名所旧跡…メジャー観光地と観光バスは行かない隠れた旧跡

福岡人物伝…歴史は人が造る!福岡の歴史に登場した人々

意外な話…それってホント?意外すぎる話。

よくわかっていない事…歴史って考えれば考えるほど面白い!!

一夜漬け福岡史…時間がない忙しい人用のページ

福岡歴史年表…福岡2000年の歴史概要

名所旧跡フォトライブラリ…乱雑ですが写真集です

リンク…博物館、資料館、図書館へのリンクです。

余談…ひとり言的な話です

更新履歴…アップした日付

訂正履歴…間違い直しの履歴です

はじめに…お願いと参考書

 
新着情報

2020.10.14

【記想録】勝龍寺城攻め

2020.10.11

【記想録】本能寺の変を報せた男

2020.9.27

懐良親王終焉之地を追加しました

2020.9.26

男装の漢詩人・原采蘋を追加しました

2020.9.6

名所旧跡に水城西門跡を追加しました

2020.9.4

名所旧跡に小水城跡を追加しました

2020.9.3

マイナーチェンジを行いました

2020.9.2

筑後みやまの平家伝説を追加しました

2020.8.10

船迫窯跡を追加しました

2020.8.7

朝倉の三連水車を追加しました

名言・格言「黒板にちゅ~も~く!」
天を怨まず、人も咎めず。
孔子





名所旧跡・筑後地区北部
 【池月の塚】-小郡市八坂-



馬洗川

 【名馬池月塚】
 寿永二年(1183)、源頼朝より木曽義仲征討の 命を受けた源範頼・義経は、京都に向い、宇治川を はさんで義仲軍と対陣した。源平盛衰記によると、義 仲は橋を落として防備を固めたが、流れが急で渡河は 非常に困難であった。このとき、佐々木四郎高綱は源 頼朝より賜わった名馬「池月」にまたがり、梶原源太影季 と先陣を争い、弓矢をあびながら両軍環視の中で渡河に 成功し、先陣の第一声をあげた。(宇治川先陣争い)
 この村の古老の言い伝えによると、『佐々木高綱はその 後平氏征討の軍功によって、筑後国鯵坂庄(もと平氏の領地)七〇〇 町歩を賜わり、名馬「池月」と鯵坂の地に移り住んだ。そして ここに城を築き、三瀦郡笹渕村より嫁をもらい一子をもうけ、 佐々木三蔵利綱と名づけたが、三年後に鎌倉幕府の命によって、 利綱をこの地に残して鎌倉に帰った。この地にいる時、名馬 「池月」に鞭打って領地を乗り廻っていたが、その名馬がこの 地で死亡したので、その遺体をこの塚に葬った言われている。』
 「池月」は別名「生?」とも言い、青森県上北郡七戸町の産と か、鹿児島県揖宿郡の産とか伝えられるがはっきりしない。 黒栗毛の馬で背丈は四尺八寸(1.46メートル)あり、大きくて逞しく、性 質強猛で、人も馬も寄せつけず喰ってかかるので、「生?」と名づけ られたとも言われている。
 塚のそばに、梵字の?[不明・キリーク](阿弥陀如来)を刻んだ供養塔と馬 頭観世音が建てられている。老松宮の横を流れる川を馬洗川と 言い、又馬渡(もど)という地名も、この名にちなんでつけられたと考えられる。 小郡音頭に「ねむる池月、馬渡の里」とあるは、ここのことを歌ったものである。

昭和五十七年ニ月四日
小郡市教育委員会
小郡市郷土史研究会

「名馬池月塚」案内板より

写真は佐々木高綱が池月に跨り何度も何度も飛び越えたと伝わる「馬洗川」と呼ばれた小川です。 そのことで、この地は馬渡(もど)と呼ばれようになったといわれています。
また「池月の塚」は養護老人ホーム「小郡池月苑」の裏手にあり、見学するには「小郡池月苑」の敷地を通らせていただくことになります。 見学予定の方は一度「小郡池月苑」事務所のご担当者の方に連絡を取って出かけられた方がよいかもしれません。



「池月伝説」は北は青森、南は鹿児島まで日本各地に残るようですが、その多くは池月の産地としての伝説で、墓や塚の伝説のみが残る地は極わずかなようです。 この「名馬池月塚」も産地としてではなく池月の終焉の地として紹介されています。 またこの鰺坂周辺には佐々木性の方々が古くから住まわれていて、もしかしたらこの方々は高綱の末裔に当たるのかもしれません。
ただ残念な事に、佐々木高綱が筑後鰺坂に領地を得た事実が歴史書の中に見あたらないため、あくまでも「古老の言い伝え」という事になっいるようです。 ところで、この言い伝えはかなり古くからあったようで久留米藩の学者・矢野一貞によって書かれた「筑後国史」には西鰺坂村城跡(池月塚より南500mの地)について「土人相伝え言う佐々木高綱の城跡なり」と記されています。










福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【北条英時(ほうじょうひでとき)】
(?~1333年)


最後の鎮西探題で足利尊氏の正妻・登子の兄。「元弘の乱」で動揺する九州の御家人を博多の鎮西探題に呼び集め収拾に務めようとしますが、 博多に入った肥後の菊池武時は鎮西探題打倒を目指し探題を襲います。 この時は少弐、大友の協力を得た英時が菊池武時を討ち取ります。 しかし2ヵ月後には少弐貞経、大友貞宗、島津貞久に攻められ自害することになります。


このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝