記事検索 

検索の結果 10件の記事が見つかりました


野上一閑と三奈木弥平次(原鶴の一騎打ち)【意外な人物伝】
大友氏が島津氏に大敗を喫した耳川の戦いから3年、筑後平野では秋月氏や龍造寺氏が弱体化する大友配下の諸城に攻めかかります。これに大友宗麟は救援の軍を送りますが、この兵の中に野上入道一閑という豪傑がおりました。貝原益軒は「筑前国続風土記」巻之二十五 古城古戦場二 原鶴 の項で一閑入道の事を次の通り描写し.....

筑紫広門(1556~1623)【福岡人物伝】
筑紫氏は筑紫(筑紫野市南部)に居を構えた豪族で、鎌倉時代から南北朝時代にかけては少弐氏の被官だったと考えられています。おそらく筑前に侵攻してきた大内氏に圧迫された少弐氏と共に肥前東部に追われ養父(佐賀県鳥栖市北部)辺りに居を移したのかもしれません。後に筑紫氏は大内氏に従い、大内氏の滅亡後は毛利氏に同.....

毛利氏の筑前侵攻(1557年~)【福岡史伝・戦国】
厳島で陶晴賢(すえはるかた)を破り、大内義長を長門で自刃させた毛利元就は次に、大内氏の支配した貿易港・博多を取り戻すべく豊前、筑前の攻略を開始、まず大友氏へ不満を持つ豊前、筑前、肥前の豪族へ密使を送り反大友の動きを扇動します。1557年、これに呼応したのが秋月(朝倉市)の秋月文種と五ヶ山(佐賀県鳥栖.....

蒲池氏の滅亡(1581年)【福岡史伝・戦国】
「本能寺の変」が起こる一年前の事、筑後では古豪・蒲池氏が滅んでいます。この蒲池氏の滅亡を書くに当り、触れなければならないのが佐賀の龍造寺氏の事になります。 1534年、肥前で大内義隆の侵攻を辛うじて防戦する少弐資元は、「三津村(吉野ヶ里町三津)の戦い」で大内軍を撃退した配下の武将・龍造寺家兼の.....

耳川の戦い-筑前・筑後-(1578年)【福岡史伝・戦国】
大友方の多くの将兵が斃れた耳川 1584年には龍造寺隆信が「沖田畷の戦い」で島津軍に敗れ討死するも、翌年には頼りの立花道雪も病没し、大友氏は窮地に陥ります。島津勢は肥前、筑後の兵をも取り込み益々勢力を増し攻勢に出ます。これに抗す手立てを失くした豊後の大友宗麟は遂に大坂に出向き豊臣秀吉に.....

鷲ケ岳城の攻防(1579年)【福岡史伝・戦国】
1578年11月「耳川の戦い」で大敗を喫すると大友氏の筑前筑後の支配は大きく揺らぎ始め、秋月種実と筑紫広門は大友氏に対する敵対心を顕にします。 その翌年の10月、広門は龍造寺氏の将、大田兵衛(おおたひょうえ)の兵と共に、大友方の鷲ケ岳城を攻めるため南面里(なめり・那珂川町)に陣を敷きます。これを知.....

北部九州戦国史(戦国時代)【福岡史伝・戦国】
室町後半から戦国初期にかけては筑前を手中に収め、北部九州で勢力を拡大する大内氏と筑前守護を自負する少弐氏の抗争が激化します。少弐氏は苦戦を強いられ肥前に追われますが、配下の龍造寺氏の活躍でどうにか対面を保ちます。しかし、後に龍造寺氏と反目し、龍造寺氏は大内氏に組します。 ところが、1551年にはそ.....

岩屋城の戦い(1586年)【福岡史伝・戦国】
1578年「耳川の戦い」(日向)で島津義久に大敗した大友宗麟は、徐々に九州北部へ追い詰められていきます。 8年後の1586年4月、島津を防ぐ手立てをなくした大友宗麟は、大阪城で豊臣秀吉に謁見し救援を求めます。 秀吉はこれに応え、仲裁を試みますが、九州統一を目前にした島津義久はこれを拒.....

針目城落城の原因(自らの行いで破滅した城番)【福岡悲話】
大友宗麟が「耳川の戦い」で島津軍に大敗すると筑前東南部では秋月種実が宗麟に対し叛旗を翻します。 種実は大友勢の抑止のため筑前と豊後との境界地帯の穂坂(原鶴温泉の東方)に針目城を築き、初山九兵衛という人物を城番とします。 ところがこの武将、女癖が悪かった様で、我が部下の高久保彦次郎という者の容姿端.....

大友宗麟(1530年~1587年)【福岡人物伝】
豊後の守護大名で、最盛期には豊前、筑前、筑後から肥後の北部までを手中に収めます。 政治的な駆引きや武将としての能力は高かったようですが、 性格的に強引な面があったのか、配下の武将が各地で反乱を起しています。 そして1578年の「耳川の戦い」で北上してきた島津軍に大敗し多くの有力武将を失い防戦一方とな.....









目   次

福岡史伝…福岡の歴史をできる限り簡単にご紹介!

名所旧跡…メジャー観光地と観光バスは行かない隠れた旧跡

福岡人物伝…歴史は人が造る!福岡の歴史に登場した人々

意外な話…それってホント?意外すぎる話。

よくわかっていない事…歴史って考えれば考えるほど面白い!!

一夜漬け福岡史…時間がない忙しい人用のページ

福岡歴史年表…福岡2000年の歴史概要

名所旧跡フォトライブラリ…乱雑ですが写真集です

リンク…博物館、資料館、図書館へのリンクです。

余談…ひとり言的な話です

更新履歴…アップした日付

訂正履歴…間違い直しの履歴です

はじめに…お願いと参考書

 
新着情報

2021.1.10

【記想録】島津義久降伏す

2021.1.5

親魏倭王印はどこにある?を追加

2021.1.4

金印の「委」は「倭」の略字?を追加

2021.1.2

「漢委奴国王」の読み方は?に加筆

2020.12.31

【記想録】村重、孝高を禁獄す

2020.12.30

【記想録】摂津播磨離反す

2020.12.27

【記想録】備中高松城の水攻め

2020.12.22

【記想録】孝高の説得術

2020.12.20

【記想録】原田氏の先祖の事

2020.12.19

【記想録】長宗我部信親の最期

名言・格言「黒板にちゅ~も~く!」
信言は美ならず、美言は信ならず。
老子





Fアイテム
 【小倉碑文とは?】(江戸時代)-宮本武蔵の碑-

小倉碑文
小倉碑文は小倉藩家老の宮本伊織が養父・武蔵の事蹟を残すために小倉・手向山(たむけやま)に建立した石碑になります。ここには六十数回に及ぶ武蔵の決闘の中から六つの決闘の事が記載されています。歴史的に見てすべてが事実なのか疑問視される点もあるようですが、武蔵がただ者ではない事だけはひしひしと伝わる碑文となっています。
下に碑文を解かり易く訳した内容を記載しておきます。
天仰 実相 円満 兵法 逝去 不絶

兵法天下無双

1654年4月19日、孝子、武蔵を敬って建立
1645年5月19日、肥後熊本に於いて死去
兵庫県赤松氏の子孫・新免武蔵玄信二天居士の碑

臨機応変の者は良将の域に達する者である。武を講じ兵を習う事は兵事に重要なことである。文武に心を遊ばせ、兵術に手を舞わせ、名誉をたくましくする者は誰あろう播州赤松新免の末裔・武蔵玄信。号は二天。天性闊達で細かい事にこだわらない人物で二刀兵法の祖となる。父親は新免無二と号し、十手の術家であった。武蔵は家を継ぎ朝夕研鑽、試行錯誤をし、十手の利は刀に倍するものと知る。しかし十手は常用する武器ではなく、二刀は腰に差す武器で二刀で十手の利を補えば、違うところはない。そこで十手を改めて二刀の術家となる。
誠の剣術の達人である。真剣を飛ばし、または木刀を投げ、逃げる者、走る者でもこれを回避することはできない。その刀の速さはまるで弓を射るようである。百発百中、中国の弓の達人・養由も彼を超えることはない。

兵術を悟り、勇功を身に着け、歳13で播州にて新当流の有馬喜兵衛と雌雄を決し勝利を得る。

16歳春に但馬に到り大兵術家の秋山という者と戦い反撃で勝負を決しこれを打ち殺す。街には彼の評判が広がった。

のちに京都に到り、扶桑第一の兵術家・吉岡家に試合を請う。
吉岡家の嗣・清十郎と洛外の蓮台野にて竜虎の威を争うも、木刀の一撃で清十郎は眼前に倒れ伏し勝敗を決する。一撃勝負の約束があったため門下生が板に助け乗せて去る。薬治、温湯を付し、しばらくして回復するがついに兵術を捨て剃髪してしまった。
その後、吉岡伝七郎が洛外にて再び雌雄を決する。伝七郎は袖に五尺ほどの木刀を持参したが、武蔵は期を見て彼の木刀を奪いこれを撃つ、伝七郎は地に倒れて死んだ。
吉岡の門下生は相談して「兵術ではかなわない。策をめぐらして武蔵を撃つ」と吉岡亦七郎は決闘という名目で洛外の下松にて待ち合わす。しかしそこには彼の門下生数百人が兵杖や弓を以って武蔵を倒そうと待ち構える。日頃から先を知る才能があり、この不穏な動きを察知して、自分の門下生に「お前たちは関わらず思いのまま早く退け」という。「敵は群れをなし隊をなすが、私が視るに浮雲の如し、何を恐れる事があるか、有散衆の敵である」と走り回る猟犬を追う猛獣の様に威を振るい、散々に追い散らして立ち去った。洛陽の人々はこの話を聞いて感嘆した。勇勢智謀、一人で以って万人を敵する事ができる者は、兵法の妙法を知るものである。
これより先の事、吉岡家は代々足利家の師範を務め日本第一の兵術者と号されていた。足利義昭公の時、武蔵の父・新免無二を召し、吉岡と勝負を命じる。三本勝負とし吉岡が一本を取り、新免が二本を取り勝負は決した。これにより新免無二は日下(ひのもと)無双兵法術者の称号を賜る。この経緯から武蔵は洛陽にて吉岡一門と数度の勝負を決し、遂に吉岡兵法の家は滅んで絶えた。

ここに兵術の達人・岩流と言う者がおり、武蔵に雌雄を決する事を求めた。岩流は真剣勝負を求めたが、武蔵はこれに対し「あなたは白刃を揮(ふる)って妙技を尽くせばよい。私は木刀を以て秘術を顕わそう」と硬い約束を交わした。長門と豊前の間の海中に舟嶋という嶋があり、両雄はここに相会し岩流は三尺の白刃を手に命を顧みず術を尽くす。武蔵は木刀を以て電光よりも早い一撃でこれを殺した。故に舟嶋は俗に岩流嶋と言われる様になった。

おおよそ十三より壮年まで兵術勝負六十数回、ひとつも勝たないことはなかった。敵の眉間を撃たなければ勝とはせず、その的を外すことはなかった。古くから兵術の雌雄を決した人の数は幾千万かわからないが、ところを選ばず英雄豪傑を相手にこれを撃ち倒す。このような人は武蔵以外に見当たらない。兵術の威名は全国に響き、その勇名は古老の語るところとなり、人の心に残こるものである。本当に奇なるか妙なるか力量早雄は他の者とは異なるものである。

武蔵は常日頃からこのように語った。「兵術を技術的にも精神的にも習得し、その上で僅かでも私心が無ければ、大軍のぶつかり合う戦場で戦う事も国を治める事もそうは難しいことではない」と
豊臣大閤公の寵臣・石田三成謀反の時、秀頼公兵乱の時、武蔵の勇功佳名は海にも川にもあり、説き尽くされている。略記する必要もないだろう。 また兵術以外にも礼、楽、射、御、書、数、文に通じ、他に小芸や工芸などにも触れ、幅広い知識があり、稀代の偉丈夫であった。

肥後において逝去する際、自書の「天仰実相円満之兵法逝去不絶」の文字を遺像とせよと遺言する。よって孝子は碑を建て後世に永く伝える事とする。
嗚呼偉大なり。



孝子・・・養子・伊織自身の事
養由・・・春秋時代の楚の武将で弓の達人。弓をつがえただけで狙われた猿が泣き叫んだと伝わる
扶桑・・・中国の伝説で遥か遠くの東方にそびえ立つ巨木またはその地。転じて日本の事。
嗣・・・家を継ぐ者
蓮台野・・・京都市北区紫野東蓮台野町
下松・・・京都市左京区一乗寺花ノ木町
礼、楽、射、御、書、数、文・・・作法、音楽、弓、乗馬、書道、算術、文筆
天仰実相円満之兵法逝去不絶・・・「天を仰ぎ真実に触れ欠ける事のない兵法は逝去しても絶える事なし」
意味が不明な単語はそのまま掲載しました。








福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【野村望東尼(のむらもとに)】
(1806年~1867年)


幕末の混乱期に、僧・月照や高杉晋作を自邸に匿います。乙丑の獄(いっちゅうのごく)では糸島半島の西約4キロの「姫島」に流されますが、 高杉晋作の意を受けた福岡脱藩の志士の手で「姫島」を脱出し下関へ逃れます。


このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝