『福岡史伝』はリニューアルしました。新ページはこちらからどうぞ!!

旧ページは数ヶ月ほどで閉鎖いたします。これからも『福岡史伝』をよろしくお願いいたします。



Mousegallery






福岡人物伝
 【栗隈王(くるくまおう)

「白村江の戦い」から四年後、668年7月に栗隈王は防備が整いつつあった筑紫に赴任し筑紫率(つくしのかみ)の地位につきます。 その後、翌1月には蘇我赤兄(そがあかえ)が筑紫宰(つくしのかみ)に任命されますが、赤兄は赴任した形跡が見当たらず、 実務は栗隈王が執っていたと思われ、671年には再び栗隈王が筑紫率に任命されます。この辺りの人事については、後の「壬申の乱」 に繋がる派閥闘争が既に始まっていたことを表しているのかもしれません。そしてこの年に天智天皇が崩御すると、翌年には後継者問題で皇太子の大友皇子と天皇の弟の大海人皇子の対立が表面化します。 大海人皇子派であった栗隈王は大友皇子より援軍の命を受けますが、「筑紫の兵は外敵の備えであり内乱に向ける兵ではありません。」 と断わります。この「壬申の乱」は結果的に大海人皇子が勝利し天武天皇として即位、蘇我赤兄は家族と供に流罪の刑に処せられ、 栗隈王はその三年後に兵政長官に任命されています。
因みにこの栗隈王の孫が奈良時代に藤原四兄弟に代り政権を執った橘諸兄になります。




関連記事:栗隈王

















福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【高山彦九郎(たかやまひこくろう)】
(1747年~1793年)


江戸中期から後期にかけての草莽の勤皇家で「寛政の三奇人」のひとり。40代半ばで九州を遊歴し王政復古を説き、幕府を批判しますが幕府の圧力があったのか久留米に滞在中に自刃し最期を迎えます。しかしその思想は70年後の尊王攘夷運動に大きな影響を与えます。長州で維新の原動力となった志士たちを育てた吉田松陰の号は彦九郎の諡(おくりな)「松陰以白居士」より取られたものと言われています。



このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝