Mousegallery




わかっていない事
 【金印の「委」は「倭」の略字?-委字は倭字を略したる者と相見えん!?-

亀井南冥「金印鑑定書」

「委字は倭字を略したる者と相見えん」これは亀井南冥の金印鑑定書に書かれる言葉になります。『「漢委奴国王」印の「委」という文字は「倭」の人偏を略したものと思われる』といった意味になります。

金印の事が記載される後漢書には「建武中元二年倭奴國奉貢朝賀(西暦57年 倭の奴国 貢を奉じて朝賀す)」と書かれており、南冥はこの文章と志賀島で発見された金印を関連付けるものの、金印に刻まれる「委」という文字と後漢書に記される「倭」という文字をどうつなげるか戸惑い、最終的に冒頭に記したにんべん省略説に行き着いたものと想像され、この説は現在も主流となっています。

「委」の読み方に関してはこれまで学者や郷土史家、一般の歴史ファンなど様々な人々が取り組まれ、「委」と「奴」をつなげて委奴国(いとこく・伊都国/現在の糸島市)と読む説などもあるようです。ただ中国で発見される印の文字構成は「王朝名」+「民族名」+「部族や国名」となっており、この事より福岡市博物館のサイトでは「漢委奴国王」は「漢の倭の奴国王」との読み方が主流であるといった説明がなされています。

































福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【玄昉(げんぼう)】
(?~746年)


藤原氏の有力者たちが当時に流行した天然痘で次々に死去すると橘諸兄(たちばなもろえ)が権力を担い脱藤原氏の体制を目指します。 唐留学僧・玄昉(げんぼう)はその諸兄に抜擢され僧正に任じられますが大和政権での派閥抗争は収束せず、 8年後には自らが観世音寺へ左遷され翌年には原因不明で死去する事になります。現在、戒壇院の北側に玄昉の墓が残っています。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝