Mousegallery




余談
 【日本人は勝負事が好き?

このところIR(Integrated Resort、統合型リゾート)法案で国会が騒がしくなっているようですが、観光客が増え、雇用が増え、税収が増えるのであれば悪くはないのではと、安易ではありますがそう思ってしまいます。外国人観光客も日本の「わび・さび」一辺倒ではどうなのでしょうか、滞在中の一日ぐらいは遊び心があってもよいのではと感じるのですが・・・。


ところで中国・唐の時代に書かれた史書・隋書倭国伝には倭人の事が次の通り書かれています。
「性質は直(素朴・真面目)にして、雅やかな風がある。」
この反面、次の様な事も書かれています。
「囲碁、双六、サイコロ博打などの勝負事を好む」

また南北朝時代の九州の覇者・懐良親王は、倭寇の取り締まりを実施しなければ軍を派遣すると脅しをかける明の洪武帝に
「賀蘭山(がらんさん・中国北部の壁画遺跡のある山)に相会して博打でも楽しもうではありませんか・・・・・。 古くから『和を講じる事を上策となす』と言います・・・・・。」 と返書を送った事が明史・日本伝に記述されています。
懐良親王が勝負事を好んだのかは不明ですが、少なくとも博打がどんなものか理解していたのは確かだと思われます。


日本人が皆、勝負好きな訳ではないのでしょうが、私自身は博打好きで、友人も博打好きで、過ぎ去って行った心の通じた友人たちも皆、酒か博打が好きだったのが思い出されます。

もうすぐクリスマス。ジングルベルの鈴の音と共に恒例の「有馬記念」の時期がそこまでやって来たようです。

































福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【高橋鑑種(たかはしあきたね)】
(1529年~1579年)


一萬田氏の出で大友宗麟の有力武将。筑前・高橋家に養子として入り宝満城を任され、支城の岩屋城を築きます。 1567年、筑前侵攻を目指す毛利元就の調略により反旗を翻します。 しかし後方を撹乱された元就が中国へ撤退すると、孤立し筑前を追われることになります。 この謀反の理由は宗麟が鑑種の実家・一万田家を攻め滅ぼし、実兄の一万田親実の婦人を側室に入れた事が一因といわれています。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝