Mousegallery




余談
 【酔っぱらいは芸術家?

またまた飲酒の話になりますが、貝原益軒は「養生訓」に多飲の戒めとして次の通り記しています。

「生来謹厳な人も多く飲めば、欲深くなってみぐるしく、平常心を失い乱れてしまう。言行ともども狂ったようで、日頃とは似ても似つかぬものとなる。身をかえりみ反省して慎まなければならない。」

先生が記述する通りであるのは間違いないのですが、多飲の者としては「日頃とは似ても似つかぬものとなる」事が相手にも自分自身にも日頃の緊張感を解きほぐすことにつながるのではとの思いは隠せません・・・。(場合によっては緊張を高める可能性もはらんでいるのですが・・・)
しかし、小心な多飲の者としては「あの発言は問題なかったのだろうか?」と飲み会の翌日にすごく後悔することは度々あることで、「身をかえりみ反省して慎まなければならない。」という言葉は身に浸みる思いでもあります。

余談になりますが、英語で酔っぱらいの事を ’booze artist’(飲酒の芸術家)と表現するそうです。私はまだまだくどいだけの癖の悪い未熟者ですが、いつの日かアーチストと呼ばれるために、週2の飲酒で切磋琢磨する酔っぱらいでもあります。

ADD (2016.8.2)
UPD (2016.12.1)

































福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【高橋紹運(たかはしじょううん)】
(1548年~1586年)


反旗を翻した高橋鑑種(たかはしあきたね)が筑前を追われると、 大友宗麟は重臣の吉弘鑑理(よしひろあきこと)の次男を高橋家に送り込み岩屋城と宝満城を守らせます。 これが後の高橋紹運です。島津氏の筑前侵攻の際は、763名の将兵と共に岩屋城に篭もり、数万の敵を相手に半月程持ちこたえますが、 遂に力尽き玉砕します。 しかし紹運の精神は死なず息子・立花宗茂へ引き継がれます。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝