Mousegallery




名所旧跡・筑豊地区
 【鎮西八郎為朝屋敷跡-田川・香春町-



「鎮西原為朝屋敷」跡の碑

【鎮西八郎為朝屋敷跡の碑】

 県立田川農林高等学校の校歌に『鎮西原に為朝の居城の跡を偲びつつ』 とありますが、 「応永戦乱記」にあるように、この地は平安時代末期、 仁平二年(1152)源為義の八男為朝(鎮西八郎為朝)が豊後国臼杵から移住した折館を構えた所であり、 今でもこの地を鎮西原と云います。
 為朝は幼時より剛勇で聞こえ、殊に剛弓の射手として知られており 北九州を支配した武将です。 仁平三年一月には源氏の氏神である鎌倉の鶴岡八幡宮の御分霊を勧請し、 この時為朝は九州の主だった武将を率いて、当町宮尾の鶴岡八幡宮に参詣しています。
 久寿元年(1154)故あって父為義の為に帰京しています。従って此の地には僅か二年足らずの在城でしたが、 嫡子鶴王丸に阿蘇忠国を後見として守らせ、八代の孫、公朝は遂に応永五年(1398)正月、嫡子冠者丸と共に、 大内盛見に下って、当地の源氏は滅亡したと云われています。

香春町教育委員会
贈 田川ライオネスクラブ
平成四年五月二十九日

「鎮西原為朝屋敷」跡の案内板より

自ら鎮西と名乗り九州で暴れまわった源為朝はその狼藉を理由に京都に呼び戻されますが、そこで翌年に起こった「保元の乱」に巻き込まれます。 父・為義に従い平清盛や兄・源義朝を相手に強弓で奮戦しますがついに破れ、伊豆大島に流されます。 しかしそこでも為朝は洒落にならないぐらい暴れまわり、朝廷の指示で派遣された軍に攻められて自害することになりました。
ところで右腕より左腕の方が10cm以上長かったといわれる為朝ですが、これは幼少から弓の鍛錬を積んだのが関係しているのでしょうか?






関連記事:為朝





























福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【佐伯常人(さえきつねひと)】
(?~?)


奈良時代中頃の武人で740年の「藤原広嗣の乱」を平定するために派遣された人物です。「板櫃川の戦い」では川を挟んでの藤原広嗣との論戦で広嗣に大儀がないことを指摘し、広嗣に兵を引かせています。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝