Mousegallery




名所旧跡・大野城・宇美
 【水城-大野城、太宰府-



水城跡

【特別史跡 「水城跡」】
「水城は、天智天皇三年(六六四年)に、大宰府防衛のために築造された土塁である。
前年の天智天皇二年(六六三年)、我が国は、唐、新羅連合軍と白村江において百済と共に戦って大敗し、 戦いに敗れた我が国は、朝鮮半島からの侵攻に備え、当時、博多の那の津にあった大宰の府を、軍事的に有利な 現在の大宰府跡(通称都府楼跡)に移し、その防衛のために北面の四王寺山に大野城を、南面の基山に基肄城を 築き、これらを結ぶ平野部に水城を築造したものである。
現在水城は、大土塁の他に、大野城市大字上大利に上大利土塁、春日市大字下白水に大土井土塁、同上白水に 天神山土塁が遺存している。
水城の築造方法は、昭和四七年の発掘調査の結果、砂質土と年度を何十層にも交互に突き固めて積み上げたもので あることが明らかになった。また昭和五〇年の調査では、土塁の前面である福岡市側に幅六〇メートル、深さ四メートル に及ぶ濠があり、土塁の中には濠に水を導き入れるための木桶(木製の導水路)が長さ八〇メートル、幅一.五メートル、 高さ〇.七メートルの規模で通っていることが確認された。
昭和四七年の春日市の大土井土塁の調査によっても、前面に濠状のものが確認されており、水城とは前面に水を貯えて、 大宰府に攻め込む敵を防いだものであろうと想定される。このことは、『日本書記』天智天皇三年の条にある。 『又筑紫に大堤を築きて水を貯えしむ。名付けて水城と曰う。』という水城築造の記事と一致するものである。」
               昭和五一年三月三一日
                                    

福岡県教育委員会
                                    
「水城跡」の案内板より


写真は岩屋城跡からの眺望で、中央よりやや左側に斜めに走る森が水城跡です。右手が福岡市街地や博多湾で、左手が筑紫平野北部になります。水城跡に関しては意外な話の「福岡にも長城があった!」にも説明を書いています。



GoogleMap より埋め込み
































福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【大夫(たゆう)】
(西暦57年頃~)


西暦57年、奴国王の命により後漢に派遣され金印を持ち帰った人物です。中国・南北朝時代の432年頃に記された「後漢書」には「倭の奴国、貢物を奉って朝貢す。使者は大夫と自称す。」とのみ記載されています。大夫とは人名ではなく役職の事の様で、派遣された人物の氏名は伝わっていないようです。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝