Mousegallery




福岡史伝・江戸
 【貝原益軒「筑前国続風土記」(1703年)

福岡市博物館の「筑前続風土記」

1630年貝原益軒は福岡藩の藩医の子として生まれ、京都、長崎、江戸で見聞を広めます。 益軒は自分の目で見て考え納得したことを文章にする実証主義の人だったようで、 「筑前国続風土記」を著すにあたって筑前各地へ自ら足を運び、史跡を確認し、地元民の言い伝えを聞き集めています。
益軒はこの他に「大和本草」「養生訓」「黒田記略」「女大学」「益軒十訓」などの著作に励みますが、 この中の「女大学」は夫人の東軒によって書かれたもではないかといわれています。
また「養生訓」「筑前国続風土記」「大和本草」などの著作が学校法人中村学園のホームページで参照することができます。


(2011.7.23)

「筑前国続風土記」について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!
中村学園電子図書館「筑前国続風土記」のページへリンク































福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【栗山利安(くりやまとしやす)】
(1551年~1631年)


黒田官兵衛が若い時より付き従った人物で黒田家家臣団の中心武将です。 有岡城に官兵衛が幽閉されると出入りの商人に紛れ潜入し囚われの主君に面会を果たし、 有岡城落城の際は一番に土牢に駆けつけ官兵衛を救い出します。 また関ヶ原の戦いが起こると人質にされそうになった官兵衛、長政の両夫人を母里太兵衛と共に大坂の黒田邸より救い出し中津城まで送り届けています。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝