Mousegallery






福岡史伝・平安
 【新羅海賊の入寇(869年)

平安初期の800年代、新羅の海賊が度々九州北部に来寇します。これには次のような事情があります。
676年朝鮮統一を果たした新羅はこの頃には衰退期を迎え、地方の王族や豪族が力を持ち始め、各地で反乱が起こります。 このような混乱の中で新羅の海賊の行動が活発化するのです。 博多では869年に2隻の海賊船が来寇し、豊前の船を襲い年貢を略奪して逃げ去ります。 この事件により警固所(現在の警固。福岡城の東側付近)が設置されたといわれています。 この他に新羅海賊は対馬、壱岐、松浦、平戸や有明海に入って熊本まで姿を現しています。

その後、新羅には892年に後百済、901年に後高句麗が起こり、後三国時代となりますが、後高句麗の武将、王建が起こした高麗が935年に朝鮮統一を果たすことになります。


(2011.6.18)


関連記事:新羅,海賊

















福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【栗隈王(くるくまおう)】
(?~676年)


「白村江の戦い」から四年後、668年7月に栗隈王は防備が整いつつあった筑紫に赴任し筑紫率(つくしのかみ)の地位につきます。 その後、翌1月には蘇我赤兄(そがあかえ)が筑紫宰(つくしのかみ)に任命されますが、赤兄は赴任した形跡が見当たらず、 実務は栗隈王が執っていたと思われ、671年には再び栗隈王が筑紫率に任命されます。この辺りの人事については、後の「壬申の乱」 に繋がる派閥闘争が既に始まっていたこ.....[全文を表示]



このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝