Mousegallery




意外な人物伝
 【人参畑先生の事(1877年)-男装の女医・高場乱-

人参畑塾(興志塾)跡
博多駅前四丁目

最近、テレビでは美形の女医さんが話題を振りまいているようですが、40年程前の九州では女性の医師はほぼ見受けることが無かった様な気がします。 しかし最近では女性も医学界で活躍するのが極普通な事になっているようで、私自身も、以前にチョットした不注意で指先を負傷し女医の先生のお世話になったことがありました。 その先生は知的で聡明そうな女性で、的確な説明と処置をしていただいた事が思い出されます。
ところで福岡では100年以上前に女医が登場します。この女性は高場乱(たかばおさむ)といい眼科医の家に生まれ、一家に嫡男がなかったため男子として育てられます。若き頃に亀井学派に学び一生涯、男装で過ごしたという人物です。維新期には現在の博多駅の南側にあった人参畑跡(福岡藩の朝鮮人参畑?)に「興志塾」という塾を開き後進の育成にも励みます。 その塾の所在地より地元の人々からは「人参畑先生」と呼ばれ、塾生には血気盛んで乱暴な若者も拒まず入門させたといわれます。 そして明治10年(1877年)には「西南戦争」の薩摩軍に呼応して起きた「福岡の変」に多くの塾生たちが参加したため、変の収束後に警察に呼び出され教育者として責任を厳しく問われます。語気を荒げる取調官に対し、乱(おさむ)は「教え子の罪が私の責任と言われるのならば潔く罪に服そう。ただ県民の罪は福岡県令の罪でもある。この私の首と、県令・渡辺清(元大村藩士。渡辺昇の兄)の首を並べて罪を償うべきであろう。」と逆に相手をやり込めたといわれます。
乱(おさむ)はそれ以上、罪を問われることなく帰され、そして「福岡の変」で生き残った塾生達はその後、政治活動に走り日本の政治に深く関わってゆく事になるのです。
以上が幕末から明治にかけて福岡に生きた女医・高場乱の話です。百数十年前に女医が存在したと言うのは意外な話ですが、実は女医の歴史はもっと古く、1300年程前、奈良時代の722年11月7日に「初めて女医の博士を置いた」と続日本紀(しょくにほんぎ)に書かれており、 女医は最近の職業という思い込みは間違いだったのかもしれません。

-参考・引用「福岡歴史探検①近世福岡」(福岡地方史研究会/海鳥社)-




関連記事:高場乱,人参畑





























福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【貝原東軒(かいばらとうけん)】
(1651年~1713年)


秋月藩士の娘で益軒の妻女。1668年に数え年18歳で39歳の益軒と結婚します。書・和歌の他、箏(そう・琴に似た楽器)や胡琴(こきん・中国から伝わった弦楽器)などの楽器にも通じていました。益軒の著作編纂を陰から助け、「女大学」を記述したのは東軒ではないかといった説もあります。益軒が没する前年に63歳で亡くなっています。



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝