Mousegallery




■一夜漬け福岡史■



弥生・古墳時代 -中国文献に記される奴国と三国朝鮮へ-

飛鳥時代 -白村江の戦いから大宰府の誕生-

奈良時代 -権力闘争と鑑真の来日-

平安時代 -菅原道真左遷と藤原純友の乱-

鎌倉時代 -二度の元寇と元弘の乱-

南北朝・室町時代 -「多々良浜の戦い」から南北朝の動乱へ-

戦国時代 -少弐氏から大友氏へそして「岩屋城の戦い」-

江戸時代 -「黒田騒動」と名著の刊行-

幕末・明治 -勤皇の志士たちと「秋月の乱」-










福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【小野好古(おのよしふる)】
(884年~968年)


伊予の本拠地を奪われた藤原純友が大宰府を襲うと朝廷から平定を命じられた小野好古は九州に入り博多湾で純友軍と戦い撃破します。 櫛田神社に祀られる三神の内、素盞嗚大神(スサノウノミコト)はこの「藤原純友の乱」の平定後、小野好古が祀ったものだと 博多祇園山笠公式サイトに記載されています。また太宰府の春の一大行事「曲水の宴」は大宰大弐だった好古が執り行ったのが始まりといわれています。 ちなみに救済施設「続.....[全文を表示]



このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝