Mousegallery






 意外な話 意外な人物伝 福岡悲話 Fアイテム 




■意外な話■


徐福伝説は福岡にもあった?(BC210年頃) -天山の童男丱女岩-

漢委奴国王印の鈕は駱駝?(57年) -金印の取っ手は蛇ではなかった-

福岡にも長城があった!(664年) -グーグルアースでも見れる「水城」跡-

起きたら家が動いてた!?(687年) -筑紫の大地震-

もう一つの都(古墳~奈良) -豊津とその周辺の史跡-

太宰府天満宮の由来(903年) -天満宮の牛の像はなぜ座り込んでるの?-

博多の人魚伝説(1222年) -消えてなくなった人魚塚-

文永の役に神風は吹いたか?(1274年) -元軍が消えた理由は?-

「大刀洗」地名の由来(1358年) -「関ヶ原」に並ぶ大合戦「筑後川の戦い」-

なぬ!!「ういろう」の元祖は?(室町時代) -妙楽寺「ういろう」の碑-

万葉歌の意外な解釈(1703年) -御笠の森に関する逸話-

筑後川の鵜飼の事(明暦以前) -昔は瓢箪で鵜飼?-

筑前のUMA(1809年) -放火し味噌を食い荒らす奇獣「だつ」-

巌流島は豊前領だった!(江戸時代) -現在の島の住人は?-




■意外な人物伝■


「白村江の戦い」の帰還兵・博麻(690年) -自らを売った兵士-

上杉鷹山の祖は筑前人?(941年) -大蔵春実、「藤原純友の乱」を鎮圧す-

「刀伊の海賊」を撃退した男(1019年) -暴れん坊中納言・藤原隆家-

落武者尊氏、筑前で復活!(1336年) -多々良浜の戦いは多勢に無勢?-

日本国王・良懐とは誰?(1370年) -明の抗議に応対した親王-

筑前にも超能力者がいた?(文明年間) -筑前に存在した幻術師・火亂-

野上一閑と三奈木弥平次(1581年) -原鶴の一騎打ち-

明史・秀吉伝(1592年) -中国から見た豊臣秀吉像-

益軒は損軒だった!(1700年) -益軒先生の号について-

自由の気風の「亀井塾」(1762年) -昭陽先生と生徒たち-

男装の漢詩人・原采蘋(江戸時代末期) -酒豪の女流詩人-

七卿落ちではなく五卿落ち?(1863年) -五卿のその後-

望東尼の姫島脱出(1866年) -高杉晋作の救出作戦-

新選組局長・近藤勇を狙った男(1867年) -筑後の柔術家・篠原泰之進-

人参畑先生の事(1877年) -男装の女医・高場乱-

勝海舟の黒田長溥・評(1930年頃) -蘭学の先駆だった福岡藩-

月形半平太って誰?(1919年) -薩長同盟のもう一人の立役者、月形洗蔵-




■福岡悲話■


「濡れ衣」の語源は博多にあり(奈良時代) -悲しい話です-

筑後みやまの平家伝説(平安時代) -平家の史跡-

針目城落城の原因(1581年) -自らの行いで破滅した城番-

おしどり伝説(戦国時代) -三原貞吉の話-

お綱門の事(江戸時代) -福岡城内での悲劇-

飴買い幽霊の話(1679年) -安国寺に伝わる伝説-




■Fアイテム■


「帆柱石」伝説とは?(古墳時代) -大木が石化した珪化木-

夜に光を放つ石「魚眼精」(飛鳥時代) -願いを叶える如意宝珠-

筑紫に置かれた「漏刻」とは?(飛鳥時代) -中大兄皇子の水時計研究-

博多が初の「透頂香」とは!?(1369年) -「ういろう」とはブランド名?-

「博多べい」ってどんな塀?(1587年) -戦乱で出た瓦礫の処分方法は?-

「日本号」ってなに?(1596年) -戦国史を背負う名槍-

茶器「楢柴」の事(戦国時代) -博多の豪商・嶋井宗室が所有した茶器-

小倉碑文とは?(江戸時代) -宮本武蔵の碑-

太宰府天満宮の「麒麟像」(1852年) -トーマス・グラバーと麒麟像-

「平野國臣紙撚文書」とは?(1862年) -筆がなけば紙で書く-

「漢委奴国王」印は本物?(1784年) -なぬ~金印には贋物説があった?-

中山鹿之介の陣鐘?(明治時代) -国宝・西光寺の梵鐘-








福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【源為朝(みなもとためとも)】
(1139年~1170年)


父親の源為義より勘当され九州にやって来た為朝は自ら鎮西八郎を名乗ります。 「鎮西」とは九州の治安を守る機関またはその統率者のことで、「八郎」は源為義の八男を表しているのですが、 この八郎、九州の治安を守るどころか豊後を中心に肥後、豊前、筑前で暴れ回ったようで、 その傍若無人な行動により遂に香椎宮に訴えられ朝廷より帰京を命ぜられています。 始め八郎はこの命令を無視していましたが、息子の責任を負った父.....[全文を表示]



このページは ClubTwinHut が運営しています



© 2011 福岡史伝