Mousegallery




余談
 【野村望東尼終焉の宅の碑

史跡 野村望東尼終焉の宅
望東尼は福岡の歌人 激動する幕末志士のかげにあって活躍した女流勤王家である 薩長の連合が成り 討幕軍が三田尻から出陣しようとするとき 寄寓先山口から防府に来て 防府天満宮に七日間参籠して王政復古を祈った 間もなく病を得慶応三年十一月 六十二才で没したのち正五位を贈らる
防府市大字三田尻村岡村町
其の旧地防府市大字三田尻本町
墓地 桑山西南麓
昭和五十一年七月吉日


山口県防府市岡村町5-6にある記念碑の案内石板より


野村望東尼終焉の宅は写真の碑の向かいにありますが、これは移築されたもので実際の終焉の宅の地は南東500mほどのところにあります。
































福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください
https://www.2810w.com


スポットライト人物伝


【小早川秀秋(こばやかわひであき)】
(1582年~1602年)


豊臣秀吉の正妻ねねの甥にあたり、義父・小早川隆景の隠居に伴い入れ替わりで筑前の名島城に入ります。 「関ヶ原の戦い」では西軍から東軍へ寝返り、勝敗に大きく影響を与えたといわています。 戦後は加増され岡山に移りますが、「裏切り」の汚名を拭いきれず家臣とともに苦悩の日々を送ったと想像されます。 そして二年後には若くして死去します。 この秀秋の「関ヶ原」での行動には過去の出来事と戦いに至るまでの流れより同.....[全文を表示]



このページは ClubTwinHut が運営しています


© 2011 福岡史伝